【大予想その4】本当に国民車に返り咲けるかカローラ? ついでにスープラも売れるか

 そのほか2019年に入ってくることが予想される新車をやや誇張気味に羅列しますと、トヨタはセダンの「カローラ アクシオ」、ワゴンの「カローラ フィールダー」に加え、ハイブリッドコンパクトの「アクア」、さらにヴィッツから名前を変えて登場する「ヤリス」と意外にも大物目白押し。

 ホンダにしても屋台骨の「フィット」に軽自動車の「Nワゴン」、日産自動車からは売れ筋SUVの「エクストレイル」「ジューク」、さらに三菱と共同開発する軽、スバルは伝統の「レガシィB4」「レガシィ アウトバック」、スズキは人気SUVの「ハスラー」、ダイハツはライバル・ホンダN-BOXにガチンコ勝負の「タント」「ムーヴ」などなど。

 どれも主力車種ばかりで、すべて出たらかなりの当たり年と言えますが、これはスクープ系新車系メディアの情報。一部は来年以降に持ち越されると考えたほうがいいかもしれません。

 とはいえ小沢的にジミに注目したいのが、カローラ。昨年出たハッチバックはかつて国民車の名を欲しいままにした存在ではなく、イチ派生車種。年配カローラユーザーが本当に新世代カローラ・セダンに移るのかに注目で、それから新型ヤリス、アクアからも目が離せません。

 なぜならどちらも日産ノートと販売を争う事実上の「新国民車的ハイブリッド」だからです。

 それから軽スーパーハイトワゴンの元祖、タントがどれだけ巻き返してくるのか? さらに発売が本格的に始まるトヨタの本格スポーツ「スープラ」にも注目。プロトタイプ試乗も後ほどリポートする予定です。

トヨタのスポーツカー「スープラ」はいよいよ発売が本格化
[画像のクリックで拡大表示]