2018年12月12日、ドミノ・ピザ ジャパンは東京・南馬込に同社初となるフラッグシップ店をオープンした。従来通り、配達やテイクアウトにも対応するが、最大の売りは「店内のイートインスペースで、できたてのピザが食べられる」ことだ。

ドミノ・ピザ南馬込店(東京都大田区南馬込6-3-11)。営業時間は毎日11~24時。全23席
[画像のクリックで拡大表示]

 従来の宅配ピザでは感じにくかった、「アツアツのピザの味」を知るという体験を通して、より商品に魅力を感じてもらうのが狙い。店舗の内装はリビング風で、レンガ仕様の壁やモノクロのアート作品が印象的だ。ドミノ・ピザにはイートインスペースを備えた店もあるが、23席もある本格的なイートインを展開するのは初めて。客席からはピザを作る様子を間近に見ることができる。また、電源コンセント付きのカウンターも5席あり、1人でも来店、滞在しやすいのが特徴だ。

大きな窓があり、開放感溢れる店内には本棚などの家具も
[画像のクリックで拡大表示]
店内には観葉植物もある
[画像のクリックで拡大表示]

 カラフルでデザイン違いのイスが並んだテーブル席には、子連れでも利用しやすいように座高の低いイスも用意している。店内は完全バリアフリーなので、「老若男女、オールターゲットの誰もが利用しやすい店舗をイメージした」(同社広報)。また、観葉植物や本棚などの家具を設置し、外食ながら家のリビングのようにくつろげる雰囲気を意識した。

座席ごとに異なるデザイン、カラーのイスをそろえる
[画像のクリックで拡大表示]