創業者の安藤百福(あんどう ももふく)氏が1971年に世界で初めて発明し、国内外の販売実績はこれまでに400億食以上。熱湯さえあれば手軽に胃袋を満たしてくれる大衆の味。それが日清食品のカップヌードルだ。2018年10月3日、そのカップヌードルのプレミアム版「モモフクヌードル」が阪急うめだ本店で発売された。テーマは「未来のカップヌードル」。化学調味料を一切使用しておらず、2145通りの組み合わせのなかから好みの味にカスタマイズできるのが特徴だ。

「おいしくて、簡単で、保存ができて、手ごろな価格で、安全で衛生的」という、創業者が定めた即席麺開発5原則を受け継ぎながら、新発想を取り入れた新商品「モモフクヌードル」
[画像のクリックで拡大表示]
熱湯を注いで3分で完成。麺は全粒粉と食物繊維入りのノンフライ麺で、平打ちウェーブタイプの麺が濃厚なスムージースープによく絡む
[画像のクリックで拡大表示]

 店頭で3種類のスープと、ほうれん草、赤ピーマンなど10種類の色とりどりの「ヤサイコロ」のなかからスープを1つ、ヤサイコロを4つ選ぶと、カップに投入して完全包装してくれる。

 カスタマイズ方式を導入した理由について、同社マーケティング部兼第1グループブランドマネージャーの藤野誠部長は「これまで加工食品といえば大量生産が当たり前だったが、これからはよりカスタマイズされたものが登場してくる時代。生産者の顔が見えるところで手作り感を訴求することにより、加工食品の新しい形を伝えたかった」と話す。

2145通りの組み合わせが可能。スムージースープ3種類から1種類、ヤサイコロ10種類から4種類を選んで作る。スープに合わせてヤサイコロをあらかじめセットした「おすすめセレクト」3種やギフトセットも販売している
[画像のクリックで拡大表示]