ペンの試し書きコーナーが充実の「TOUCH & FLOW」

 スターバックスと並んでフロアを二分するのは、デザインフィルによる、“手書きを楽しむ大人のためのステーショナリーショップ”「TOUCH & FLOW(タッチアンドフロー)」。湘南、銀座に続く3店目にして、タッチアンドフローの中では最大の売り場面積を持つ。

1枚の写真では収まりきれないほど広々としたフロアを展開する、大人のための文具店「TOUCH & FLOW(タッチアンドフロー)」
[画像のクリックで拡大表示]

 日本橋高島屋新館店のコンセプトは「書くことで見つける上品な暮らし」。そのコンセプトを象徴するように、店内中央には3.4メートルのテーブルに、試し書き用紙をブロックのように配した広いスペースを配置。パイロット「カクノ」、プラチナ万年筆「プレジール」などの手ごろな価格の万年筆や、ちょっとペン先が変わったカリグラフィーペン、色が変わる鉛筆、ラミーやペリカンなどのデザインに優れた筆記具などが試し放題。しかも、イスが備えられているので、書き心地や自分との相性をじっくりと確かめられる。タッチアンドフローではおなじみの、ぺんてる「トラディオ・プラマン」の海外発売バージョンも軸色3色がそろっている。

フロア中央に配置された大きな試筆台。白いブロックのように見えるのは、紙が重ねられたもの。さまざまな筆記具を大きな紙で試せる。紙は、筆記特性に優れたデザインフィルオリジナルのMDペーパーを使用
[画像のクリックで拡大表示]
他店では見ることが少ない、ぺんてる「トラディオ・プラマン」の海外発売バージョンは、軸色3色が用意されている。もちろん、試し書きも可能
[画像のクリックで拡大表示]

 また、ネットで展開している、好きな紙を選んで自分だけのレターセットをオーダーできる「カスタムメイドレター」を、限定的ながら店頭で注文できるサービスも開始。もちろん、ここだけのオリジナル商品も用意されている。今回は、B6サイズ160ページの無罫ノート「DAILY SKETCH」の日本橋限定バージョン(600円)。赤い表紙に白で日本橋の絵が描かれたしゃれたデザインだ。それに、ノートとデザインをそろえた活版印刷の日本橋ポストカード(250円)、ラブレターをかたどった金太郎飴を同じデザインの日本橋パッケージに収めた「ラブレターキャンディボックス」(650円)の3点。

タッチアンドフローのオリジナル商品「DAILY SKETCH」の日本橋店限定バージョン「DAILY SKETCH 日本橋」(600円)。B6サイズ160ページの無罫ノートだ
[画像のクリックで拡大表示]
こちらも、日本橋店限定品。下は活版印刷の「日本橋ポストカード」(250円)、上はペンケースになる箱に収められた金太郎飴「ラブレターキャンディボックス 日本橋」(650円)
[画像のクリックで拡大表示]
「ラブレターキャンディボックス 日本橋」の中の飴。ラブレターをかたどった金太郎飴なのだ。10個入り
[画像のクリックで拡大表示]

 キャンディーの箱は、中の飴を食べた後はペンケースとしても使えるようになっている。その他、デザインフィルの各種文房具や手帳などもそろう。来店先着2000人には日本橋柄の和紙のミニポスターカレンダープレゼントもある。

プラチナ万年筆「プレジール」(1000円)の人気色もそろう。書きやすい金属軸の万年筆で、キャップをしていれば1年間放置してもペン先が乾かない優れもの
[画像のクリックで拡大表示]
この独特のペン先で、筆のような強弱を付けた線が書ける、トライアングルの「デコペン ~絆~」(3600円)
[画像のクリックで拡大表示]
こちらが「デコペン ~絆~」の全体
[画像のクリックで拡大表示]
縦糸にコットン、横糸に紙を使って織った「紙布(しふ)」と革をコンビネーションで使ったカバン。左「サッシュ」(2万7000円)、右「ボーリング」(4万2000円)
[画像のクリックで拡大表示]