2018年9月25日にオープンした日本橋高島屋S.C.新館(関連記事「日本橋高島屋新館開業、『営業時間バラバラ』の理由」「日本橋高島屋新館グルメ ワーカー向けに『全時間対応』」)。高島屋の木本茂社長は「百貨店の編集力と専門店の流行感度の高さを融合させた」と語ったが、その感度の高さを特に感じたさせるのが地下1階の食品フロア「シティマルシェ」だ。全15店舗中12店舗がイートイン併設で、ランチタイムの利用はもちろん、残業後の“ちょい飲み”に対応した店もある。特に人気を呼びそうな6店を紹介する。

行列必至のすし店の立ち食いバージョン「すしの美登利」

 「梅丘寿司の美登利」は都内を中心に10店舗を展開する人気すしチェーンで、回転ずしやテイクアウトなど、さまざまな形で店舗展開している。立ち食い業態としては「立喰美登利エチカ池袋店」があるが、日本橋店ではテイクアウトも併設。行列店の味が待たずにスピーディに食べられるとあって、人気を集めるのは確実だ。

「すしの美登利 日本橋店」は10時半~21時。手前がテイクアウト店、奥が立ち食い店
[画像のクリックで拡大表示]
日本橋店ランチ限定の「美登利にぎり」(税別880円)
[画像のクリックで拡大表示]