2018年9月25日、日本橋高島屋の新館が開業。これに合わせて、本館、東館、ウォッチメゾンを加えた4館を「日本橋高島屋S.C.」とし、総売り場面積6万6000平方メートルの大型ショッピングセンターが誕生した。新館、本館、東館は連絡通路でつながっており、「S.C.を通して街歩きをしているような感覚を味わってほしい」と高島屋日本橋店の田中良司店長は話す。

 新館は日本初上陸や商業施設初出店を含めた115店舗のテナントが入る専門店。テナントの約4割が飲食店で、東京・世田谷の玉川高島屋S・C、新宿駅前にあるタカシマヤタイムズスクエアなど既存の専門店事業に比べても約1~2割ほど多いという。

 さらに特徴的なのは、その営業時間だ。通常、百貨店や専門店は午前中に一斉開業し、ほぼ同時刻に店を閉める。例外があるとすればレストランフロアの営業時間が1~2時間長いという程度だろう。だが、この高島屋新館は各テナントの営業時間にかなりのばらつきがある。例えば、同じテイクアウトの飲食店でも7時半から開く店もあれば10時半からという店も。また、平日、土日祝日で開店時間が変わる店舗も多く、利用者は慣れるまでに時間がかかりそうだ。

日本橋高島屋S.C.。新館(左)と本館(右)に東館、ウォッチメゾンを加えた4館で構成。売り場面積は6万6000平方メートル。東京メトロ銀座線・東西線「日本橋駅」直結
[画像のクリックで拡大表示]
本館と新館をつなぐ1階部分にある「日本橋ガレリア」は歩行者が自由に行き来できる屋根付きの通路
[画像のクリックで拡大表示]

日本橋は「朝遅く、夜早い」という不満の声に対応

 店舗によって異なる営業時間を設定したきっかけは、日本橋高島屋周辺を訪れる人から寄せられた不満の声だった。日本橋から東京駅八重洲口エリアにかけてオフィスの再開発が進んでいることもあり、通勤で日本橋駅を利用する人が増加。だが、日本橋駅周辺にはコンビニが数軒あるだけで、朝から営業しているカフェは常に混雑している状態。「『出勤時に立ち寄る店がない』という声をよく聞く」と、新館の開発にあたった東神開発 日本橋事業部の清瀬和美事業部長は話す。また、日本橋駅から半径5km圏内では臨海部を中心にマンションの建設ラッシュも続いており、30代を中心とした世帯も周辺に増えている。「若い世帯は共働き率が高いが、『日本橋は夜が早いので、総菜などが買えない』という声もあった」(東神開発の清瀬事業部長)。

 本館の営業時間はレストラン街を除いて10時半から19時半。「デパ地下」にはテイクアウトの総菜や弁当があふれているが、この営業時間では出勤時や帰宅時に利用できないという人が多いのも頷ける。そのため、新館ではそれぞれのニーズに対応するため、営業時間を“バラバラ”に設定したというわけだ。

新館の開発にあたった東神開発 日本橋事業部の清瀬和美事業部長
[画像のクリックで拡大表示]