「高回転」「立ち食い」による低価格戦略で人気を集め、店舗数を拡大している「いきなり!ステーキ」。肉が食べたいときに気軽に立ち寄るという人も多いだろう。2018年8月29日、いきなり!ステーキ同様に、回転率が高く、低価格の焼き肉を売りにした新ブランド「焼肉ライク」が東京・新橋に1号店を開業した。1席につき1つのロースターがつく、いわゆる「1人焼肉」の業態だ。手がけたのは焼き肉店「牛角」の創業者で、現在は国内外で焼き肉店や焼き鳥店など約190店舗を手がけるダイニングイノベーションの西山知義会長だ。

「焼肉ライク」新橋店。東京都港区新橋2-15-8 新橋WBビル1F。営業時間は11~23時。年中無休。21席(うち2人用テーブル2卓)
[画像のクリックで拡大表示]

 コンセプトは「1人でも気軽に行ける、ファストフードのような焼き肉店」。また、ブランドを作るにあたっては回転ずしを意識したという。「牛角をきっかけに低価格の焼き肉店も増えているが、客単価は3000円前後。回転ずしが2000円程度なので1000円も高い。焼き肉も回転率を上げれば多くの客に対応できるので、もっと低価格にできるのではないかと考えた」(西山会長)。いったいどんな店なのだろうか。