「ベイク チーズタルト」や「プレスバターサンド」で人気のBAKE(ベイク)が、同社8つ目のブランドとなるガトーショコラ専門店「ショコラフィル」を2019年2月1日にオープンした。提供するのは1人用サイズでカップ入りの「焼きたてガトーショコラ ロンド」と、切り分けるバータイプの「ガトーショコラ レクタングル」の2種類。特にロンドは焼き立てをその場で販売するのが売りだ。

ガトーショコラ専門店「ショコラフィル エトモ自由が丘店」(東京都目黒区自由が丘1-31-11)自由が丘駅改札を出てすぐ。営業時間は11:00~20:00
[画像のクリックで拡大表示]
カップ入りの「ロンド」は店内オーブンで焼き上げたものをその場で販売
[画像のクリックで拡大表示]

 BAKEはブランドコンセプトからデザインまでを社内で手掛けているのも特徴だ。温かみのある暖色系を用いた他のBAKEブランドとは異なり、ショコラフィルはクールな店舗デザインが印象的だ。作っている様子が見える工房一体型の作りはそのままに、これまでのBAKEブランドにはない情緒的な表現を取り入れたデザインを採用した。

 ブランドターゲットは、40代の大人の女性。色々な経験を通して良いものの軸や判断基準を持った人に選ばれることを目指す。ブランド名のショコラフィルは「Chocolate(チョコレート)」と「Phill(愛でる)」の造語で、口にした瞬間の満ち足りた気持ちを表現した。

 「チョコレートはお菓子の王様。ロンドは一人でゆっくりおいしさを耽溺(たんでき)して味わってもらい、レクタングルは友だちとわいわい楽しんで食べてもらいたい」と、BAKEの門田浩社長兼CEO。同ブランドのおすすめは、クレームフェッテ(砂糖なしの生クリームドリンク)と合わせて食べることだという。

カカオの樹に見立てたディスプレーの柱は鏡面となっており、光や内外の動きを反射させる作り。さまざまなものが映り込むことで、常に異なる表情を見せることが狙い
[画像のクリックで拡大表示]