2018年12月6日、ソフトバンクのモバイル回線がおよそ4時間半にわたって利用不能になった。原因は通信設備のソフトウエアの不具合で、世界的に同じ通信障害が発生したようだ。今回のトラブルは、モバイルネットワークがいかに生活に欠かせないものとなっているかを痛感させる出来事だったと言える。

4時間半にわたって通信が困難な状況に

 師走に入った2018年12月6日、ソフトバンクのモバイルネットワークに障害が発生し、同社回線を用いたサービスの利用が困難になった。

 ソフトバンクの発表によると、障害が発生したのは同日の13時39分ごろ。全国的にソフトバンクの回線がほぼ利用できない状況に陥り、復旧したのは18時4分ごろだった。平日の昼間、しかも全国規模の通信障害だっただけに、その影響は非常に広範囲に及んだ。

 通信不能に陥ったのはソフトバンクの携帯電話サービスだけではない。同社の回線を利用している全てのネットワーク、サブブランドであるワイモバイルや、固定電話サービスの「おうちのでんわ」、ブロードバンドサービスの「Softbank Air」、さらには「LINEモバイル」や「mineo」「nuroモバイル」などのMVNO(仮想移動体通信事業者)でも通信が困難になっている。

ソフトバンクは2018年12月19日に上場を予定していただけに、今回の通信障害は同社にとって大きな痛手になった。写真は2018年11月5日のソフトバンクグループ決算説明会より
[画像のクリックで拡大表示]