中国のスマートフォンメーカー、オッポの日本法人であるオッポ ジャパンは、2018年8月14日にSIMフリースマホ2機種を発表。そのうちの1つ、高性能モデルの「R15 Pro」が「おサイフケータイ」に対応したことが注目を浴びている。SIMフリースマホでは数少ない「おサイフケータイ」対応モデルから見えてくるのは、日本進出に懸けるオッポの本気だ。

オッポが半年ぶりに新機種を発表

 2018年に日本市場への参入を発表し、2月に第1弾となるSIMフリースマホ「R11s」を発売したオッポ。その後は半年余りも新機種の発表がなかったが、8月14日、ようやく2つの新モデルが発表された。1つはR11sの後継機「R15 Pro」で、この4月に中国などで発売済みの高性能モデルだ。もう1つは「R15 Neo」で、日本市場初投入のミドルクラスのモデルとなっている。

「R11s」以降、日本市場向け新製品の発表がなかったオッポだが、8月14日に新モデル「R15 Pro」「R15 Neo」の2機種を発表した。写真は8月22日のオッポ ジャパン新製品記者発表会より
[画像のクリックで拡大表示]
R15 ProはR11sより大きい6.28型ディスプレーを搭載し、デュアルカメラを強化したモデルとなっている。写真は8月22日のオッポ ジャパン新製品記者発表会より
[画像のクリックで拡大表示]
R15 Neoはデュアルカメラと6.2型の大画面ディスプレーを搭載しながら、売れ筋の価格帯である3万円を切る低価格を実現。写真は8月22日のオッポ ジャパン新製品記者発表会より
[画像のクリックで拡大表示]

 フラッグシップモデルのR15 Proに加え、ボリュームゾーンが狙えるR15 Neoも投入する今回は、R11sの発表時と比べてバランスの良い構成となっている。日本のSIMフリースマホ市場をしっかり研究したラインアップと言えるだろう。