ケイ・オプティコム(大阪市中央区)は、モバイル通信サービス「mineo」の新料金プランとして、ソフトバンク回線を用いた「Sプラン」の提供を2018年9月4日にスタートする。au、NTTドコモに続いて新たにソフトバンクの回線を加え、大手3キャリア(通信事業者)全てをカバーするmineoの狙いと課題を探ってみよう。

ソフトバンク回線を利用する「Sプラン」を追加

 これまでNTTドコモのネットワーク回線を用いてサービスを提供するところが圧倒的多数を占めていたMVNO(仮想移動体通信事業者)。だが最近は、他社との差異化を進めるためか、複数キャリアの回線に対応し、「マルチキャリア」をうたうところが増えている。

 とはいえ、ドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクの3社のネットワークに対応したMVNOは、九州電力グループのQTnetが提供する「QTモバイル」くらいしかなかった。そこに名乗りを上げたのが、MVNO大手の一角を占める、ケイ・オプティコムの「mineo」である。

 mineoでは既にauの回線、およびドコモの回線を利用するサービスを、それぞれ「Aプラン」「Dプラン」として提供しているが、2018年9月4日にはソフトバンクの回線を利用する「Sプラン」が追加される。これによってmineoは、3キャリア全ての回線が利用できるトリプルキャリアMVNOとなるわけだ。

mineoは2018年7月23日、ソフトバンクの回線を利用する「Sプラン」を9月4日より提供すると発表。写真は同日の「mineo新サービス発表会」より
[画像のクリックで拡大表示]