連載:佐野正弘の“日本的”ケータイ論

「INFOBAR xv」に見るケータイ懐古の広がり

ファンの後押しで人気モデルが再登場

KDDIが7月12日に発表した、デザイン携帯電話「INFOBAR」の最新モデル「INFOBAR xv」が話題となっている。15年前に初登場したINFOBARを、スマートフォンではなく携帯電話で再登場させたものだが、その人気ぶりから見えてくるのは「ケータイ懐古」の高まりである。

深澤直人氏が手掛けた3年ぶりのINFOBAR

 携帯電話にデザインの概念を取り入れ、大きな注目を浴びたKDDIの「au Design project」。その中でも特に人気を博した「INFOBAR」が誕生15周年を迎えるに当たり、KDDIは2018年秋に、同プロジェクトの新機種「INFOBAR xv」を発売する。

 新モデルのデザインは、初代INFOBARと同じプロダクトデザイナーの深澤直人氏が担当。INFOBARはこれまでフィーチャーフォン、スマートフォンを含め5機種が投入されてきたが、2015年に発売された「INFOBAR A03」以来、約3年ぶりの新機種だ。

3年ぶりの新機種となった「INFOBAR xv」。定番の「NISHIKIGOI」に加え、「NASUKON」と「CHERRY BERRY」の3色を用意。写真は2018年7月12日のauオリジナル新端末に関する説明会より
[画像のクリックで拡大表示]

PR

日経トレンディ 最新号案内

日経トレンディ
2018年9月号