和食の素晴らしさが見直される昨今、その主食たるお米への関心が高まっている。全国各地で作られるブランド米が広く流通し、今や産地や銘柄を指名買いする人も増えているという。やっぱり日本人はお米が好きなのだ。そこで、お米にこだわりのある「ご飯が旨いとっておきの店」を食の通たちに推薦してもらった。ご飯がおいしいと評判の店は、どんなお米を使い、工夫をしているのだろうか。

今回の食通は、グルメブロガー M三郎氏
 池田にある「ガッツ!うまい米 橋本」を推薦します! 日本全国各地から厳選されたおいしいお米だけを入荷して販売しているお米屋さんの、その季節に一番おいしいお米を使ったおにぎりの専門店です! 炊き方にも相当こだわったご飯は、そのまま食べてももちろん最高に美味しいのですが、ご飯に合うさまざまな具材と共に、愛情たっぷりに握られたおにぎりの至福のおいしさに心から感動!
大阪を中心に食べ歩いたお店は25年間で約1万軒。2005年5月にブログ「Mのランチ」を開設以来、食べたランチを毎日更新中。1日の平均アクセス数は約7万件を誇る。テレビ、ラジオ、雑誌で活躍する傍ら、各自治体や商工会議所で飲食店向けセミナーを多数実施

おにぎりに使う米の銘柄は日替わり!

 関西を中心に活躍する人気グルメブロガーのM三郎氏が推薦する、ガッツ!うまい米橋本は、全国から厳選したお米を取り扱う堀江の米店だ。お米のおいしさを知ってもらう一つの手段として、おにぎりの販売を始め、大阪・池田市と兵庫・宝塚市に店舗を構える。今回は池田店にうかがった。

ガッツ!うまい米橋本 池田店
【住所】大阪府池田市栄町1-1 阪急池田ブランマルシェ1番館
【営業時間】10:00~19:00
【定休日】無休
【TEL】072-734-8522
【ホームページ】http://www.guts-umaikome.net/
[画像のクリックで拡大表示]
もともとサラリーマンだったという代表の橋本氏が、29歳のときに脱サラして始めたガッツ!うまい米橋本。「おにぎりは心に響く、元気になれる食べ物。おいしかったという声をダイレクトに聞けるのが、お米だけでなくおにぎりを提供している喜び」だと話す
[画像のクリックで拡大表示]

 1997年創業のガッツ!うまい米橋本は、代表の橋本孝則氏が29歳のときに脱サラして始めた米店。「米屋の友人から米業界のいろいろな話を聞いたんです。米屋は地域によって守られた存在で、産地偽装といった悪弊が多かったことを知りました。それを聞いてびっくりして、僕が新しいやり方で新しい風を業界に吹かせたいと米屋を始めたんです」(橋本氏)。お米が特別大好きというわけではなかったが、自分の生きる道を模索している中で、お米業界の話を聞いて正義感が湧き、心を突き動かされたという。

 お米の販売は約20種類。橋本氏がおいしいと思ったものを厳選している。「実際に食べてみて、味はもちろんですが、栽培方法や農家さんの情熱なども含めて選んでいます」(橋本氏)と、お米への熱い思いを話してくれた。お米に関する勉強を欠かさず、新しい品種の情報が入るとすぐに取り寄せて試しているとのこと。

 米屋を始めた橋本氏がおにぎりの販売も始めたのは、やはりお米のおいしさを多くの人に知ってもらうため。「つきたて、炊きたて、握りたてのおにぎりはめちゃくちゃおいしい。このおにぎりを試しに食べてもらったら、すごくおいしいと言ってもらえたんです。人間、おいしいものを食べたら元気になるじゃないですか」(橋本氏)と、本当においしいお米で作るおにぎりの魅力を多くの人に広めたいとしておにぎり店をオープンした。

 おにぎりに使用するお米の銘柄は、「試食感覚ではないですけど、いろいろなお米を食べてもらいたい」(橋本氏)と、なんと日替わりに。実際におにぎりを食べた客が、その日使っていたお米を気に入って買っていくケースもあるとか。消費者からすれば、一度試食してから銘柄を決められるのはうれしい。「お米もワインと同じように、重さや食感などが品種によって違うので、実際に食べてみて感じてください。今は食べたことのない銘柄が多いと思うので、ぜひ試してほしいですね」(橋本氏)。

おにぎりに使うお米は日替わりのため、訪れるたびにいろいろな銘柄のお米が味わえる。イートインでは豚汁(写真は大で310円)も用意。豚汁用に味噌屋に仕込んでもらったオリジナルの味噌を使用している。関西風の甘味のあるやさしい味わいが特徴。豚汁を注文すると付く漬け物は自家製で、米屋ならではの新鮮なぬかを用いてお店で作る。単品での販売はしていないが、販売を希望する声も多いとか
[画像のクリックで拡大表示]
おにぎりは30種類近くあり、1個150円(税込み)から。一番人気の焼き鮭(180円)ほか、お米のおいしさをダイレクトに味わえる米屋の塩おにぎりなども人気だという。できるだけ握りたてを食べてもらいたいとの思いから、あまり作り置きはしていない
[画像のクリックで拡大表示]
店内では、橋本氏が全国各地から厳選した約20種類のお米も販売している。高知県産にこまる、佐賀県産天使の詩、秋田県産つぶぞろいなど珍しい&新しい銘柄も取り扱う
[画像のクリックで拡大表示]