ビックカメラ新宿西口店で加湿空気清浄機の売れ筋を調査した。

 空気清浄機は梅雨が明ける7月以降、加湿タイプが売れ筋になるそうだ。家電コーナーを担当する中田恭平氏は「これまでハイエンドモデルの機能だった加湿機能が、ここ数年で普及価格帯の製品にまで降りてきたのが大きいと思います。特に12~15畳数のリビング向けの製品は、今の季節だと売れるのはほとんど加湿タイプです」と語る。

 予算は4万円前後を想定している人が多いそうだが、新製品が出そろう秋以降は最新機能を備えたフラッグシップモデルが店頭に並ぶこともあり、3万円プラスして7万円前後の製品まで売れ筋圏内に入ってくるという。

ビックカメラ新宿西口店の空気清浄機コーナーと、解説してくれた中田恭平氏
[画像のクリックで拡大表示]