2018年12月1日に「新4K8K衛星放送」がスタートした。視聴するには対応アンテナやチューナーなどをそろえる必要があり、家電量販店のテレビ売り場は、普段の年末とは少し違った盛り上がりかたを見せている。ビックカメラ新宿西口店で、新4K8K衛星放送対応テレビや対応チューナーの売れ筋を調査した。

ビックカメラ新宿西口店のテレビ売り場と、説明してくれた上野凱(うえのかい)氏
[画像のクリックで拡大表示]

 売り場の状況について、同店でビジュアルコーナーを担当する上野凱氏は「12月に入ってから『新しい4K放送どうしたら見られるの?』という問い合わせが増えました。すでに4Kテレビを持っていて、新4K8K衛星放送用のチューナーを買い足すという人が多いですが、2020年の東京五輪に向けて対応チューナー内蔵テレビを買い求める人もいます」と説明する。

 大画面テレビの買い替えスパンは8~10年程度とみられ、現在は地デジ化やエコポイント特需で買い替えた人が買い替えるタイミングに差し掛かっている。数年先を見越して新4K8K衛星放送対応の環境を求める動きがある様子だ。