ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaで、10万円以下のモバイルPCの売れ筋を調査した。

ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba 1階にあるパソコン売り場。パソコン専門チーム・マネージャの本多一成氏に解説してもらう。
[画像のクリックで拡大表示]

 同店のパソコン専門チーム・マネージャの本多一成氏は、「モバイルPCは予算の上限を設けずに良いものを買おうという人が増えていて、売れ筋の価格帯はここ数年上がっています」と語る。その一方でネットブック時代から続く“数万円のモバイルPC”というニーズも続いている。

 「低価格のモバイルPCは入門機ニーズだけでなく、必要最低限のスペックで割り切って使う意図であえて選ぶ人も多いです。最近は10万円以下でもMicrosoft Officeが付属したり、Core i3を搭載するモデルがあるので、数年前に比べると実用性は高くなっています」

【10万円以下のモバイルPCを選ぶコツ】

 本多氏に、10万円以下のモバイルPC選びに役立つ三箇条を教えてもらった。

1.目的に合わせて、Microsoft Office付属をとるか、CPUの性能をとるか決めよう。

2.ストレージのSSDの容量は64GB~128GBが多い。メモリーは4GBと8GBがあるので、どちらも目的に合わせて検討する。

3.実際のバッテリー駆動時間は“カタログ値×0.6”ぐらいで考える。実働8時間以上なら安心という人が多い。

 10万円以下の価格帯では、必要なスペック、付属ソフト、機能をすべて満たすことは難しい。自分の目的に合わせて、何を優先して何を割り切るかの判断が重要になってくる。仕事や学業で使うならMicrosoft Officeがプリインストールされているモデルを選ぶほうがよさそうだ。しかし趣味やプライベート用と割り切ってOfficeなしのモデルを選べば、Core i3や128GB SSD、8GBメモリーなどを搭載したまずまずハイスペックなモデルに手が届く。そのうえで、バッテリー駆動時間や重さ、サイズといったモバイル性能を比較して選ぶのが良さそうだ。