ビックカメラ新宿西口店で男性に人気の美容家電を調査した。最近は男性向けの理美容品に力を入れるメーカーが増え、量販店の理美容品売り場でも男性客が一人で自分用のものを選んでいる姿が珍しくなくなっている。

 同店でビューティーコーナーを担当する高橋あゆみ氏は「売り場としても、ここ数年は理美容品に興味を持つ男性客が増え、売り上げが安定して伸びていると感じます」と語る。

ビックカメラ新宿西口店 5階にある理美容品売り場。ビューティーコーナー担当の高橋あゆみ氏に解説してもらった。
[画像のクリックで拡大表示]

 この分野では、ひげそり(シェーバー)が人気でランキング上位を占めるが、 シェーバーの売れ筋調査 はこれまで行ってきたので、今回はシェーバー以外の売れ筋を教えてもらった。キーワードは“マッサージ”と“ムダ毛処理”だ。

【理美容品コーナーに入るのが恥ずかしくなくなるコツ】

 理美容品コーナーは女性が多くて入りにくいかも……とアウェー感を持っている男性もいるだろう。そこで、男性が一人で訪れてじっくり品定めするためのコツを高橋氏に教えてもらった。

1.まずシェーバーやマッサージ機器のコーナーに行き、そこから本命の気になる商品の売り場に行くと心理的にスムーズ。

2.美顔ローラーなどにも男性向けのPOPが増えている。そうした宣伝素材を目印に探して移動しよう。

3.シェーバーを含め、衛生面で試用が難しいもの以外は試せる製品が多い。積極的に試して五感を使って比較しよう。

 店頭スタッフは男性客だからといって気にしていないという。ヘンに気にせず、いろいろ試用しつつ、美容や癒やしに役立つアイテムを探そう。