ジョーシン浦和美園イオンモール店に5万円以上の炊飯器の売れ筋を取材した。炊飯器は1万円前後の安価な製品から10万円を超える高級品まであるが、10人中3人くらいの割合で、5万円以上のモデルを選ぶなど高級志向があるそう。同店スタッフの篠崎雄太氏は「さらにその3人のうち1人は、買い替えのたびに別のメーカーに乗り換えている感じです。毎日食べるものを作るのですから、調理家電のなかでも品質や機能を吟味する人がとりわけ多いジャンルですね」と話していた。

ジョーシン浦和美園イオンモール店の炊飯器売り場。同店スタッフの篠崎雄太氏に解説してもらった
[画像のクリックで拡大表示]

 5万円以上の価格帯は、最上位モデルから、その機能を一部省略した上位モデルまでが範囲になる。「5万~6万円のモデルは内釜に最上位モデルと同じか近いものを採用している場合が多いので、価格を抑えつつ良質を追求したいという人のニーズにうまく合致しているんです」。

炊飯器、買い替えのコツ

 炊飯器は買い替えで購入する人が多い。新米の季節やボーナス期に購入する人が多いが、それまで使ってきたものが故障したので来店する人も少なくないという。篠崎氏は「冷蔵庫もそうですが、故障してから選ぶのは精神的にも追い立てられて大変なので、故障の前兆に気づいた時点で検討を始めるのが理想です」とアドバイスする。それを含めた購入前のチェックポイントは以下のとおり。

1.最初に故障しやすいのは内釜。塗装はげや何かしらの不調を感じたら見過ごさずに。

2.ブランドごとに炊き上がりの個性があるので、実演を試したりスタッフに聞いたりしよう。

3.メンテナンスの手間は違いが大きい。外して洗うパーツや手順を確認してから選ぶのがベター。

 最近の炊飯器は、内釜の不調が故障の始まりとなるケースが多いという。そうした故障のシグナルを見逃さないようにして、適切なタイミングで買い替えたい。