前回の「G-SHOCK 一番人気はスーツに似合うあのモデル」に引き続き、ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaでG-SHOCK以外の腕時計の売れ筋ブランドを調査した。

ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba 3階にある腕時計コーナー。時計・スポーツチームの中田弘孝氏に聞いた
[画像のクリックで拡大表示]

 今回スポットを当てたのは1万~3万円台の製品だ。同店の中田弘孝氏は「この価格帯はバリエーションが豊富で様々なデザインがそろっています。流行の変化が起きやすいところでもあります」と語る。

 購入層はティーンエイジャーから働き盛りの40~50代まで幅広い。プライベート用から仕事用までそれぞれにファンを持つブランドがあり、男女比もバラバラだ。ただし全体のトレンドをみると「シンプルなデザインで、腕時計の機能が素直に形になったモノが、多くの支持を受けている」という。

【1万~3万円台の腕時計の選び方】

 中田氏が教えてくれた“1万~3万円台の腕時計選びの基本の3箇条”は次のとおり。

1.装着したときの感触が大事なので、遠慮せずにどんどん試着をする。4~5本試着して決める人が多い。

2.目当てのブランド以外もショーウィンドウ全体を見ておく。そこで直感的に惹かれるモデルが見つかることもある。

3.スタッフに積極的に相談する。たとえば「こういう雰囲気の時計がほしい」と伝えると、スタッフもブランドを横断的に紹介できる。

   ぜひ、購入の際の参考にしてほしい。それでは人気ブランドランキングをみていこう。