ジョーシン浦和美園イオンモール店で、三脚と一脚の売れ筋を調査した。同店でのジャンル全体の売れ行きは年単位で横ばい状態が続いているが、その中で一脚の売れ行きが目立って伸びているそうだ。

 同店スタッフの篠崎雄太氏は「販売数全体の2~3割が一脚になっています。三脚や一脚は学校行事があるときによく売れますが、一脚の売れ行きが伸びているのは、運動会などで一脚しか認めないという学校が増えたのが背景にあると思います」という。

ジョーシン浦和美園イオンモール店の三脚&一脚コーナー
[画像のクリックで拡大表示]

 ファミリー需要が大きいジャンルだが、ランキングには趣味向けのハイスペックモデルも入っている。

●三脚&一脚 売れ筋ランキング
1位 デジタルビデオスターターキット(V-81385) エツミ 1980円
三脚とビデオカメラ用のポーチ、クリーニングクロスを同梱にした三脚入門キット。三脚の重量は約540gで、長さは縮長425~伸長1255mm。ポーチサイズは約170×210mm。
2位 フォレスト5段一脚 VC-1(E-2101) エツミ 1680円
雲台に水準器を搭載した脚径23mmの一脚。ワンタッチ式コレットレバーを使った5段式で、縮長425~伸長1425mmとなる。本体重量は300g。持ち運び用のケースも付属する。
3位 Fotopro C-3i キング 3780円
脚径20mmの軽量タイプの4段三脚。本体重量653gで、耐荷重3kgを確保している。縮長400~伸長1300mm。カラバリはレッドとブルー、パープル、ブラックの4種類。
4位 Fotopro C-4i キング 1万3700円
脚径22mmの4段三脚で、縮長485mmながら、開脚幅を広げて最低175mmでの固定も可能。伸長は1460mm。水準器を3個備え、本体重量は1.32kgとなる。耐荷重は3kg。5色から選べる。
5位 HK-836B ハクバ 5000円
重心を低く固定して縮長635~伸長1650mmまで調節可能な3段三脚。クイックレバー脚ロックを備え、水準器つきの3Wayクイックシュー雲台も使える。本体重量は1.38kgとなる。

 1位にビデオカメラの三脚セット、2位に低価格の一脚が入るなど、上位はファミリー向けのライトな製品が並ぶ。4位の「FOTOPRO C-4i」や5位の「HK-836B」は、趣味の撮影用に指名買いする人が多いモデルだ。それぞれの人気の理由は次のページから追っていこう。

※なお、原稿と写真で掲載している価格は、2018年7月17日16:00時点のもの。日々変動しているので、参考程度に見ていただきたい。