第4位:上位モデル「Z 7」の人気を引き継いだ「Z 6」

 4位はニコンのフルサイズミラーレス一眼「Z 6」。18年11月に発売されたモデルで、1位のEOS Rと同様、ニコンファンを中心に売れている。有効画素数は約2450万画素で、秒間12コマの連写が可能。店頭価格は税込み27万2700円だ。

 「フルサイズの上位モデル『Z 7』(店頭価格:税込み43万2540円)から2カ月ほど遅れて登場したので、ちょうど人気のピークでバトンタッチしたような売れ方をしていますね。Z 7よりも価格と性能が控えめなので、サブ機として買っていく人が多いのかもしれません」(霜山氏)

ニコン「Z 7」と「Z 6」。Z 6の本体サイズは幅134×高さ100.5×奥行き67.5mm。バッテリーとメモリーカード込みの重量は675g。ボディー単体の店頭価格は税込み27万2700円
[画像のクリックで拡大表示]