第2位:1年近くロングヒットを続ける新定番「α7 III」

 2位はソニーのフルサイズミラーレス一眼「α7 III」だ。有効画素数は約2420万画素で、秒間10コマの連写が可能となっている。店頭価格は税込み22万4090円。18年3月の発売ながら9月のビックカメラ有楽町店での調査でも人気第1位となっており、現在も高い人気を維持している。

 「ずっと人気で、少し勢いが落ちた現状での2位です。フルサイズのミラーレスとしてはエントリークラスに近い価格ですが、性能はむしろ中級機に近いというコストパフォーマンスの良さから選ばれているのだと思います。ソニーはフルサイズミラーレス市場で先行しているので、ブランドの知名度も後押ししているでしょう」(霜山氏)

ソニー「α7 III」。本体サイズは幅126.9×高さ95.6×奥行き62.7mm。バッテリーとメモリーカード込みの重量は約650g。ボディー単体の店頭価格は税込み22万4090円
[画像のクリックで拡大表示]