第1位:キヤノンユーザー待望のフルサイズミラーレス一眼「EOS R」

 第1位は、キヤノン初のフルサイズミラーレス一眼「EOS R」。2018年10月に発売されて以降、キヤノンファンを中心に売れている。有効画素数は約3030万画素で、秒間8コマの連写が可能。店頭価格は税込み23万4680円だ。

 「フルサイズミラーレスでソニーが先行し、ニコンが追従した後、まだかまだかと待っていたキヤノンユーザー待望のカメラですね。0.5型の電子ビューファインダーは、高解像度とされる240万ドットを大きく超える約369万ドットなので、光学ファインダーから乗り換える人にも好評です」(霜山氏)

キヤノン「EOS R」。本体サイズは幅135.8×高さ98.3×奥行き84.4mm、バッテリーとメモリーカード込みの重量は約660g。ボディー単体の店頭価格は税込み23万4680円
[画像のクリックで拡大表示]