桑田佳祐の還暦を祝うため、自他ともに認める桑田フリーク3人に20曲ずつのプレイリストを考えてもらった。3人目は、落語家の林家たい平さん。「“男のセクシー”の何たるか、それを桑田佳祐に教えてもらうため私は今日もマイクを握る」と話すたい平さんにカラオケや車のなかで歌いたい桑田ソングを選んでもらった。

<1人目(本庄雅之記者)のプレイリストはこちら>
自宅でグラスを傾けながら聴きたい、ちょっとエッチなナンバーを含む桑田佳祐の20曲
<2人目(山崎二郎氏)のプレイリストはこちら>
移動中に聴きたい桑田佳祐の20曲~middle & mellow of SAS / Keisuke Kuwata

 あれは中学1年くらいのときでしたか。サザンオールスターズというバンドの桑田佳祐さんというボーカリストが、短パンにランニングシャツで「勝手にシンドバッド」を歌番組で歌ったのを初めて見て、雷に打たれたような衝撃を受けまして。

林家たい平さん
[画像のクリックで拡大表示]

 私はモノマネが得意な中学生だったので、翌日くらいにはさっそく学校で桑田さんの歌まねで「勝手にシンドバッド」を披露させてもらった。幸い短パンもランニングも部活動で使っていたのが教室にありましたし、姉のテニスのラケットにひもを付けて、ギター代わりにしましてね。以来、学校や家で、桑田さんになりきって何度もオンステージしていましたね。

 そこからずっと桑田佳祐さんの虜(とりこ)という、年期の入ったファンです。それも私の場合、マネしてめでるスタイル。大人になってからはカラオケですよ。モノマネとはいえ、受け狙いじゃない。桑田さんが大好きだから、なりきりたいんですよ。イタコみたいなもので、自分のなかに降りてきてくれた桑田さんに会えて、うれしいというか、酔いしれるというか。歌詞も、聴いているだけよりずっと体に染みこんでいきます。

 思い上がりなのですが、もともと自分の声の質が、ちょっとだけ桑田さんに似ている気がしていまして。カラオケで歌いすぎて、もはや地声と歌マネの区別がつかなくなっています。今はカラオケで別の歌を歌っても、桑田さんが降りてくることがよくありますね。

 普段も車を運転しているときによく聴いているのは、サザンや桑田さん。いえ、聴くだけじゃなくて、一緒に声を張り上げて歌うんです。やはりサザンファンの大学生の息子が一緒に乗ってるときなんかは、「桑田さんの声が聞こえないから静かにして」と怒られます。

 桑田さんのすべてが好きですけど、とくに人並みはずれてセクシーなところが魅力ですよね。60歳になられるなんて、びっくりするくらい。60歳といっても落語界でいえばまだまだの年ですけど、桑田さんは今なお、男のセクシーに脂が乗っているのがすごい。考えてみると、デビューのときは若さのパワーに引きつけられて、その後は、男のセクシーのなんたるかをおしえてもらったのが、桑田さんだったと思います。

 そして今回、プレイリストを作る機会をもらった幸せといったら! カラオケでの歌い方や盛り上げ方のワンポイントも加えましたので、ダウンロードして一緒に歌い、自分の中に降りてきた桑田さんと出会ってください。

■たい平'sプレイリスト
1.いとしのエリー[1979年]
2.BAN BAN BAN[1986年]
3.匂艶 THE NIGHT CLUB[1982年]
4.海[1984年]
5.ラチエン通りのシスター[1979年]
6.かしの樹の下で[1983年]
7.Ya Ya(あの時代を忘れない)[1982年]
8.お願い D.J.[1979年]
9.Just A Little Bit[1982年]
10.茅ケ崎に背を向けて[1978年]
11.涙のキッス[1992年]
12.真夏の果実[1990年]
13.栞のテーマ[1981年]
14.逢いたくなった時に 君はここにいない[1990年]
15.Oh! クラウディア[1982年]
16.メロディ(Melody)[1985年]
17.みんなのうた[1988年]
18.C調言葉に御用心[1979年]
19.メリケン情緒は涙のカラー[1984年]
20.明日へのマーチ[2011年]

林家たい平
林家たい平 1964年生まれ。武蔵野美術大学造形学部卒業後、林家こん平に入門。92年に二ツ目に、2000年に真打昇進。06年より病気療養に入った師匠林家こん平にかわり、国民的演芸番組「笑点」の大喜利レギュラーメンバーとなる。08年 平成19年度芸術選奨大衆芸能部門文部科学大臣新人賞を受賞。
3人が選曲したプレイリストをdヒッツ、うたパスで順次公開!
2月26日から、定額制音楽配信サービス「dヒッツ powered by レコチョク」(NTTドコモ)と「うたパス」(au)で、この連載で紹介したプレイリストが順次公開されます!
dヒッツ:http://rd.music.docomomarket.ne.jp/kuwa1602/
うたパス:http://au.utapass.jp/