レノボのプレミアムノートパソコンが新しく登場した。「Yoga C930」だ。当初11月上旬の発売予定だったが、「全世界におきまして弊社の予測を大幅に上回るご注文をいただいており、現在供給が追いつかない状況」ということで、発売が延期になった。ウェブサイトでは予約受付中で、11月16日以降順次届けるとなっている。

 レノボのパソコンはラインアップが多いうえに、名前が似ているし、その名前の位置づけもしばしば変わる。だから、どれが上位機なのかよく分からないという人もいるだろう。今回取り上げるYoga C930は、コンシューマー向けの最上位機。ThinkPadシリーズとは位置づけが異なっており、シンプルを突き詰めたビジネスモデルのThinkPadに対し、Yogaは家庭でも使いやすいことを目指している。

 Yoga C930はディスプレー部分が360度回転するタイプの2in1ノート。これまでも回転タイプの2in1を数多くみてきたが、その中でも特筆もののデザインといえるだろう。ただ、微妙なのがサイズと重量だ。ディスプレーは13.9インチとなんとも中途半端な大きさで、重さは1.38kg。一昔前なら「非常に軽い」と感じた1.3k~1.4kgのノートパソコンも、最近では重く感じてしまう。そういう意味で、モバイルと言えないこともないのだが、キャラクターがはっきりしないのだ。家の中で持ち運んで好きな場所で使い、必要なときだけ外に持ち出すといった使い方になりそうだ。

「Yoga C930」はCore i7でOfficeなしのモデルが22万4800円。家庭向けモデルの最上位機
[画像のクリックで拡大表示]
キッチンスケールで測ったところ、1.3kg台後半だった
[画像のクリックで拡大表示]