今回は、新しく登場したアマゾンの「Fire HD 8」をレビューする。ご存じのようにAmazonのタブレット「Fire」シリーズの新モデルだ。ディスプレーサイズは8インチとタブレットの中ではコンパクトで、16GBストレージモデルならなんと8980円(税込み)という安さだ。ちなみに、Fireタブレットは10インチの「Fire HD 10」、7インチの「Fire HD 7」もラインアップしている。

 製品はシリーズの他のモデル同様に真っ黒だ。本体は樹脂製なのだが、黒のマットな仕上げにしている。さほど安っぽく見えないデザインがなかなか巧妙だ。ただし、アルミボディーが当たり前になっている最近のタブレットと比べるとちょっと古めかしく感じる。予備知識なく見たら、3~4年前の普及モデルと思ってしまいそうだ。

 とはいえ、9000円以下ということを考えると、ボディーはこれで十分。デザインにキレがないのは、9.7ミリと分厚いためだろう。重量は369gと重くも軽くもない。ベゼルは細いわけではないが、これだけボディーに厚みがあれば、衝撃にも強そうに思える。

8インチの新モデル「Fire HD 8」
[画像のクリックで拡大表示]
背面は樹脂製だが、そう安っぽくはない
[画像のクリックで拡大表示]