今回はiPhoneをバックアップするためのサンディスク製のストレージを2つを取り上げる。「今更」という印象を受ける人も多いだろうが、実はそうでもない。iPhoneのバックアップ環境はかなり厳しくなっているのだ。

 それというのも、iPhoneの容量は増加する一方で、iPhone Xにいたっては64GBと256GBの2択になっている。写真や動画、音楽を保存するからと余裕をもって256GBを選ぶ人も少なくないだろう。

 その一方で、パソコンの側に目を向けると内蔵ストレージの容量がどんどん小さくなっている。モバイルノートや2in1が全盛で、読み書きが高速なSSDを搭載する製品が増えたのはよいのだが、内蔵ストレージは128G~256GBが主流。こうなると、iPhoneのバックアップをパソコンに取るのは無理があるのだ。

 かといって、iCloudに保存するとしても5GB以上は有料契約が必要になるし、容量が大きいとインターネットへのアップロードに時間がかかる。そこで、ローカルにバックアップができる専用品に魅力を感じたというわけだ。

 2つの製品のうち、「iXpand Compact フラッシュドライブ」はiPhoneに直接挿してデータをやり取りできる製品。「iXpand Base」はiPhoneを充電する際、この上に置いておくと自動でiPhone内のデータをバックアップしてくれる製品だ。両方使ってみると用途や利用シーンが異なるので、それぞれ紹介したい。

今回紹介する「iXpand Compact フラッシュドライブ」はiPhoneに直接挿してデータをやり取りできる製品。32GB(1万円)、64GB(1万5000円)、128GB(2万円)
[画像のクリックで拡大表示]
「iXpand Base」は充電中にiPhoneのデータをバックアップするための製品。256GBで2万1999円
[画像のクリックで拡大表示]