VAIOは、これまでもスペシャルエディションを限定で販売している。2018年1月に発表した「VAIO S11」「同S13」の「ALL BLACK EDITION」は好評を博したという。iPhoneの「PRODUCT RED」のように、こだわったカラーのモデルが一定の人気を集めるのは、IT業界でも通例だ。

 今回、2018年12月末までの期間限定で販売するのが「VAIO S11」の「RED EDITION」だ。「ただのカラーバリエーションでしょう」という声も聞こえてきそうだが、その仕上げやこだわり方が一般的なカラバリとはちょっと違うのだ。

 RED EDITIONをVAIO Sの11インチモデルのみに設定したのは、古くからのVAIOファンには、13インチモデルよりも11インチモデルのほうが人気が高いからだそうだ。まあ確かに、僕が買うとしても迷わず11インチを選ぶだろう。そもそも、市場には11インチモデルが少ない。VAIO S11は凝縮感のあるデザインがとても素敵だし、コンパクトで軽いから常に持ち歩けるのが嬉しい。

「VAIO S11 RED EDITION」が新登場した。19万6800円から
[画像のクリックで拡大表示]