仕事中にコーヒーは欠かせない、一日に何杯も飲む。そんなコーヒー好きが驚いたのが、2018年に発売されたツインバード工業の「全自動コーヒーメーカーCM-D457B」だ。実売価格は3万7800円(税別)。

 同製品は、コーヒー界のレジェンドといわれる、カフェ・バッハ(東京・南千住)店主の田口護氏が監修したミル付きのコーヒーメーカーである。手でいれるコーヒーと同じようにひき方や温度を研究し、再現したという。

ツインバード工業「全自動コーヒーメーカー CM-D457B」(3万7800円)
[画像のクリックで拡大表示]
カラーはブラックのみ。すっきりしたデザイン
[画像のクリックで拡大表示]
南千住にあるカフェ・バッハ
[画像のクリックで拡大表示]
店主の田口氏は、ブルーボトルコーヒーの創業者ジェームス・フリーマン氏など、海外にも多くのバリスタを輩出した人物
[画像のクリックで拡大表示]