2018年はパワフルで使い勝手の良いコードレススティッククリーナーが続々登場している。中でも「吸引力」で注目されているのが、パナソニック「パワーコードレス」シリーズとシャークニンジャ「EVOFLEX(エヴォフレックス)」シリーズだ。ダイソン対抗といわれる2製品を検証した。

左がパナソニック「パワーコードレス(MC-SBU820J)」(直販価格税抜き8万9800円)、右がシャークニンジャ「EVOFLEX(エヴォフレックス) S20」(直販価格税込み6万5800円)
[画像のクリックで拡大表示]

パナソニックが本気を出した、吸引力自慢の最新モデル

 パナソニックのコードレススティッククリーナーといえば、使い勝手の良さが魅力だ。中でも人気があるのが「iT(イット)」。面倒なノズルの付け替えをしなくても、ヘッドが真っすぐになる「くるっとパワーノズル」で隙間までキレイに掃除でき、ゴミが残りやすい壁際もキレイになる「ガバとり」構造などで、小回りが利く。さらにサイクロン式(MC-SBU520J)と紙パック式(MC-PBU520J)から選べるのも便利で、家具が多い部屋やユーザーの好みに合わせて選べると好評。

 ただし、iTは吸引力についてはイマイチという印象だ。フローリングでは特に問題ないが、カーペットなどに張り付いてしまったゴミや、猫砂などの大きなゴミは取り切れないことが多々あった。

 それに対して、2018年8月に発売された「パワーコードレス」シリーズは、吸引力と長時間運転が特徴。最大吸込仕事率は200w(「強」運転時、運転時間約6分)もあるなど、同社のコードレススティック掃除機の中で、最高の吸引力だという。

 さらに、パワーコードレスは、最長約65分の長時間運転(ロング運転時)が可能。ほかに、従来の「ガバとり」構造、微細なゴミまで見つけて知らせる「クリーンセンサー」に加えて、ペダルを踏むだけでヘッドが外れて隙間掃除が簡単にできる「親子ノズル」機構が新たに搭載された。

パナソニックが吸引力に力を入れて開発した「パワーコードレス」の上位機種「MC-SBU820J」
[画像のクリックで拡大表示]
MC-SBU820Jには充電台やふとん清潔ノズルなどが同梱されている
[画像のクリックで拡大表示]

 パワーコードレスは、iTとは形状も大きく変わっている。手元に大型ファン採用の「高トルクブラシレスモーター」を搭載。そこにリチウムイオン電池を8セル搭載した高電圧かつ大容量バッテリーを採用したことで、安定したハイパワーを実現している。スタイリッシュなデザインのiTと比較すると手元部分が大きくなり、機能を重視したデザインに変更されている。

しっかりした持ち手。自然と親指の付け根で支えられるグリップ形状になっている
[画像のクリックで拡大表示]

 パワーコードレスの上位機種、MC-SBU820Jの本体サイズは幅240×奥行き218×高さ1175mm、重さは2.5kg。充電時間は約3時間となっており、運転時間は強モードで約6分、自動モードで18~40分、ロングモードで約50分(ノズルブラシ回転オン時)/約65分(ノズルブラシ回転オフ時、付属ノズル・子ノズル使用時)。集じん容積は0.2Lで付属品はペタすき間ノズル、すき間用ノズル、ふとん清潔ノズル、ロングホース。