旅行やレジャーの際にコンパクトデジカメを持って行き、いろいろな写真を撮影するのはとても楽しい。風景などと並んで撮る機会が多いのが人物だが、意外と人物撮影を苦手としている人は多い。

 撮影技術の違いであまり差が出ないカメラ付きケータイとは異なり、画質や撮影性能に優れるデジカメでは、技術の差が写真にハッキリと現れてしまう。言い換えれば、ちょっとした工夫次第でより美しく撮影できるというわけだ。

 そこで、ふだんさまざまなシチュエーションで撮影を行っているプロカメラマンの知識を借りて、人物撮影にターゲットを絞った撮影テクニックを紹介していくことにしよう。もちろん、手持ちのコンパクトデジカメでもすぐ実践できるので、わざわざデジタル一眼レフなどの高価な機材をそろえる必要はナシ!


【第1回】人物撮影といえば、ポートレートモードを利用するのが一番!
◇コンパクトデジカメの場合、面倒な設定なしに撮影できる「フルオートモード」や「プログラムモード」を使っている人が多い。しかし、人物撮影を行う場合は、いろいろな設定が人物撮影に最適化されている「ポートレートモード」を使うのがベストだ。そこで、フルオートとポートレートモードで撮り比べをし、どのような違いがあるのかを検証してみたゾ。
【第2回】高倍率ズームデジカメは最強のポートレート用カメラ!?
◇光学10倍や12倍のズームレンズを備えた高倍率ズームデジカメといえば、運動会や動物園など、被写体に近づけないシーンで活躍するカメラというイメージがある。しかし、標準的な光学3倍ズーム程度のモデルと比べて背景のボケが大きくなったり、圧縮効果が得られるなど、ポートレート用カメラとしても優れた実力を持っているのだ。
【第3回】デジカメ本体で逆光を補正して人物写真を健康的に!
◇屋外や窓際などでのポートレート撮影で困るのが、顔が暗く写ってしまう逆光写真だ。パソコンの画像処理ソフトを利用すれば明るく補正することは可能だが、やはりパソコンを使っての作業は面倒。そこで便利なのが、ニコンのコンパクトデジカメが搭載する「D-ライティング機能」。カメラ本体だけで、逆光写真をスッキリ明るく補正してくれるのだ!

白いデジカメがお気に入り!
飯島百合子さん
バックアップ・プロモーション所属)
 今回登場してもらったのは、映画やVシネマなどで活躍中の飯島百合子チャンだ! 写真が大好きで、日ごろからカメラ付きケータイをフル活用しているとのこと。デジカメはまだ持っていないが、「白くてカワイイ感じのデジカメが欲しいです!」ということで、撮影中もニコンの「COOLPIX S5」に興味津々だった。今年の夏は水泳を始める予定という、元気いっぱいの19才なのだ!
■映画出演情報
・角川ホラーシネマIII『ラブサイコ「最高の彼氏」』8月初旬公開
■Vシネマ出演情報
・『女囚Σ』(神崎愛美役)6月25日発売(GPミュージアムソフト)
・『怪談<参>~学校怪談~』(久坂真弓役)8月25日発売予定(トルネード・フィルム)


筆者紹介
星 智徳 (ほし とものり)
ふだん愛用しているノートパソコンは、ソニーの「VAIO type S」。天板などに金属を使っていて高級感を演出しているのだが、半年経たずしてすでに傷だらけ。しかも、ふとしたことで切り傷を負ったところ、その血が染み付いてしまった。会う人から口々に「そろそろ買い換えたら?」といわれる始末…。

NEXT 手軽なのに効果的な「ポートレートモード」