ファイルを送る際に電子メールを利用することはよくある。このような場合、メールソフトを起動してから新規メールの作成を行い、それから添付ファイルを選んで送信するというのでは手間がかかる。

 添付するファイルを右クリックし、「送る」-「メール受信者」を選べば、メールソフトが自動的に起動して、送信先を指定するだけでファイルを送信できる。

ファイルを右クリックして「送る」-「メール受信者」を選ぶ(画像クリックで拡大)
メールソフトが自動的に起動して送信先を指定するだけでファイルを送信できる(画像クリックで拡大)
筆者紹介 小泉力一
 テクニカルライター。DOS全盛期からソフトウェア全般に関する著作を手がけ、「FD+LHA=かしこいMS-DOS」(アスキー)の執筆を期にオンラインソフトの紹介活動を開始する。最近はインターネットの活用をテーマにしたコラム等も手がけている。