Windowsでは複数のプロセスが同時に動いているが、これらには優先度が設定されている。最近のコンピューターでは動画の再生時にコマ落ちするような現象はあまり見られないが、マシンスペックが低いためこのようなことが起きた場合、優先度を上げることで対応できる。ただし、この方法は、ジョブIDが与えられたジョブに対してのみ適用できる。

 「Ctrl」-「Alt」-「Delete」キーを同時に押して「Windowsタスクマネージャ」を起動する。「プロセス」タブを開き、リストから優先度を変えるプログラムを選んで右クリックして「優先度の設定」を選び優先度を選択する。「リアルタイム」から「低い」の順で優先度は低くなる。

 ただし、プログラムによっては優先度を変えることで動作が不安定になることがあるので、優先度を変えようとした際にメッセージが出る場合がある。

「プロセス」タブを開き、リストから優先度を変えるプログラムを選んで右クリックして「優先度の設定」を選び優先度を選択する(画像クリックで拡大)
プログラムによっては優先度を変えることで動作が不安定になることがあるので、優先度を変えようとした際にメッセージが出る場合がある(画像クリックで拡大)
筆者紹介 小泉力一
 テクニカルライター。DOS全盛期からソフトウェア全般に関する著作を手がけ、「FD+LHA=かしこいMS-DOS」(アスキー)の執筆を期にオンラインソフトの紹介活動を開始する。最近はインターネットの活用をテーマにしたコラム等も手がけている。