タスクトレイの時刻表示は通常24時間表示になっている。次の方法により、これを12時間表示に変えることができる。好みに合わせて変えてみるとよいだろう。

 スタートメニューから「コントロールパネル」を選び、「日付、時刻、地域と言語のオプション」を選ぶ。「数値、日付、時刻の形式を変更する」を選び「地域と言語のオプション」ダイアログを開く。

 「地域オプション」タブの「カスタマイズ」ボタンをクリックして「地域のオプションのカスタマイズ」ダイアログをひらく。「時刻」タブを開いて「時刻の形式」から「tt hh:mm:ss」か「tt h:mm:ss」を選ぶ。これで、「午後 01:23:45」とか「午後 1:23:45」という表示になる。

 元の24時間表示に戻すには、「H:mm:ss」を選べばよい。

タスクトレイの時刻表示は通常24時間表示になっている
「日付、時刻、地域と言語のオプション」を選ぶ(画像クリックで拡大) 「数値、日付、時刻の形式を変更する」を選ぶ(画像クリックで拡大)
「カスタマイズ」ボタンをクリックする(画像クリックで拡大) 「時刻の形式」から「tt hh:mm:ss」か「tt h:mm:ss」を選ぶ(画像クリックで拡大)
時刻が12時間表示になる
筆者紹介 小泉力一
 テクニカルライター。DOS全盛期からソフトウェア全般に関する著作を手がけ、「FD+LHA=かしこいMS-DOS」(アスキー)の執筆を期にオンラインソフトの紹介活動を開始する。最近はインターネットの活用をテーマにしたコラム等も手がけている。