スタートメニューの「すべてのプログラム」を選んだときに表示されるメニューでは、各項目の位置をドラッグすることで変更できる。しかし、共用のパソコンではこの順を変更させたくないことがある。このようなときは、次のようにして表示順の変更をできなくすればよい。

 スタートボタンを右クリックして「プロパティ」を選び「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」ダイアログを開く。「[スタート]メニュー」タブを開き、「カスタマイズ」ボタンをクリックする。「[スタート]メニューのカスタマイズ」ダイアログが開くので、「詳細設定」タブを開いて、「[スタート]メニューに項目をドラッグ/ドロップできるようにする」のチェックを外す。

 これで、スタートメニューの「すべてのプログラム」内にあるプログラムの位置は、ドラッグ操作で変更できなくなる。ちなみに、この手続きにより、スタートメニューの各項目上で右クリックして表示できたメニューは使えなくなる。

 元の状態に戻すには、同様の操作で、「[スタート]メニューに項目をドラッグ/ドロップできるようにする」にチェックを入れればよい。

「スタートメニュー」タブを開き、「カスタマイズ」ボタンをクリックする
「詳細設定」タブを開いて、「[スタート]メニューに項目をドラッグ/ドロップできるようにする」のチェックを外す
筆者紹介 小泉力一
 テクニカルライター。DOS全盛期からソフトウェア全般に関する著作を手がけ、「FD+LHA=かしこいMS-DOS」(アスキー)の執筆を期にオンラインソフトの紹介活動を開始する。最近はインターネットの活用をテーマにしたコラム等も手がけている。