「Win XP Proでハードディスクからファイルを完全に消去する」で紹介した技や、フォルダのアクセス管理機能を利用するにはNTFS形式でフォーマットされたドライブであることが必要だ。既存のドライブがFAT32でフォーマットされている場合は、次の方法でNTFS形式に変換しよう。

 スタートメニューから「すべてのプログラム」-「アクセサリ」-「コマンドプロンプト」を選ぶ。例えば、ドライブDをNTFS形式に変換するには、第1引数にドライブ名を指定して、次のコマンドを入力して「Enter」キーを押せばよい。

 convert d: /fs:ntfs

 変換にはある程度の時間がかかるので、パソコンで作業しない時を選んで実行する方がよいだろう。

「コマンドプロンプト」ウィンドウで「convert d: /fs:ntfs」と入力して「Enter」キーを押す
筆者紹介 小泉力一
 テクニカルライター。DOS全盛期からソフトウェア全般に関する著作を手がけ、「FD+LHA=かしこいMS-DOS」(アスキー)の執筆を期にオンラインソフトの紹介活動を開始する。最近はインターネットの活用をテーマにしたコラム等も手がけている。