Windows XPのデスクトップにあるアイコン名にはよく見るとうっすらと影が見える。システムのパフォーマンスを上げるという意味では、この影はない方がよい。デスクトップ上に多くのアイコンを配置しているユーザーは、次の手順でアイコン名の影を消すことをおすすめする。

 管理権限を持つユーザーでログオンしたら、スタートメニューから「コントロールパネル」を選びコントロールパネルを開く。「パフォーマンスとメンテナンス」-「システム」を選ぶ。「システムのプロパティ」ダイアログが開いたら、「詳細設定」タブを開いて「パフォーマンス」の「設定」ボタンをクリックする。「パフォーマンスオプション」ダイアログが開いたら、「視覚効果」タブの「デスクトップのアイコン名に影を付ける」のチェックを外して「OK」ボタンをクリックする。

 これで、デスクトップ上のアイコン名に影は付かなくなる。

 元の状態に戻すには、「デスクトップのアイコン名に影を付ける」にチェックを入れればよい。

Windows XPのデスクトップにあるアイコン名には、よく見るとうっすらと影が見える

コントロールパネルの「パフォーマンスとメンテナンス」を選ぶ
【拡大表示は画像をクリック】
「システム」を選ぶ
【拡大表示は画像をクリック】

「パフォーマンス」の「設定」ボタンをクリックする
【拡大表示は画像をクリック】
「デスクトップのアイコン名に影を付ける」のチェックを外して「OK」ボタンをクリックする
【拡大表示は画像をクリック】

デスクトップ上のアイコン名に影は付かなくなる


筆者紹介
小泉力一
テクニカルライター。DOS全盛期からソフトウェア全般に関する著作を手がけ、「FD+LHA=かしこいMS-DOS」(アスキー)の執筆を期にオンラインソフトの紹介活動を開始する。最近はインターネットの活用をテーマにしたコラム等も手がけている。