最近は、USBメモリーを持ち歩く人をよく見かける。小型で持ち運びに便利で記憶容量も十分なため重宝しているのだろう。ところが、Windows XPでは特別なドライバーを必要とせずにUSBメモリーが使えるので、セキュリティ上の問題が起こる場合もある。そこで、誰もが使うようなパソコンではUSBメモリーを使えないようにしておくとよい。

 管理権限のあるユーザーでログオンし、「スタート」メニューから「ファイル名を指定して実行」で「regedit」と入力。レジストリエディタが起動したら、次の順でキーをたどる。

HKEY_LOCAL_MACHINE → SYSTEM → CurrentControlSet → Services → USBSTOR

 右側のペインに表示される「Start」をダブルクリックする。「値のデータ」に半角数字で「4」を入力して「OK」ボタンをクリックする。レジストリエディタを終了すれば、USBポートにUSBメモリーを挿しても認識しなくなる。


レジストリエディタで、HKEY_LOCAL_MACHINE → SYSTEM → CurrentControlSet → Services → USBSTORとキーをたどり、「Start」をダブルクリックする

「値のデータ」に半角数字で「4」を入力して「OK」ボタンをクリックするとUSBメモリーは無効になる