ファイルを右クリックしたときに現れる「送る」メニューは、ファイルを任意のアプリケーションで開ける便利な機能だ。Windows 95や98では、「Windows」フォルダ下の「SendTo」フォルダに、アプリのショートカットを登録すれば、送るメニューにアプリを追加できた。しかし、Windows XPには「SendTo」フォルダが見当たらない。どこに行ったのだろう?

 実は、Windows XPの「SendTo」フォルダは、各ユーザーごとの情報が収められている「Documents and Settings」フォルダの下に、隠しフォルダとして登録されている。階層が深いうえに、隠しフォルダとなっているため、探すのが少し面倒だ。そこで、このフォルダをカンタンに表示する便利なワザを紹介しよう。

 「スタート」メニューの「ファイル名を指定して実行」に「sendto」と記入しよう。「OK」ボタンを押すと、現在ログオンしているユーザーの「SendTo」フォルダが開く。「送る」メニューにアプリを追加したい場合は、ここにアプリのショートカットを作ればよい。


ファイルを右クリックしたときに現れる「送る」メニューは、関連付けられたアプリ以外でファイルを開くときなどに便利な機能だ

「ファイル名を指定して実行」に「sendto」と入力

現在ログオンしているユーザーの「SendTo」フォルダが開く。送るメニューにアプリを追加したい場合は、ここにショートカットを作る