Windows 95/98時代、クリップボードの中身を確認するには、Windowsの標準ツールである「クリップボードビューア」が便利だった。影に隠れているが、Windows XPにも「クリップブック」という名前でクリップボードビューアは存在する。

 クリップブックを起動するには、スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選んで「clipbrd」と入力する。「クリックブック」ウインドウが表示され、クリップボードの中身が表示される。「ファイル」-「名前を付けて保存」を選べば、クリップブックの内容を専用ファイル形式で保存可能なので、あとから過去のクリップボードの内容を再利用できる。


「ファイル名を指定して実行」を選んで「clipbrd」と入力して「OK」ボタンをクリック

「クリックブック」が表示され、クリップボードの中身が表示される