Windows Updateやディスク容量不足など、タスクトレイに表示されるバルーンヒントはうるさく感じることがある。レジストリを変更すれば、これらを非表示にすることが可能だ。ただし、重要な情報も通知されなくなるので、本人の責任において設定を変更しよう。

 スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」で「regedit」と入力して、レジストリエディタを起動。次の順で「Advanced」キーまで移動する。

 HKEY_CURRENT_USER→Software→Microsoft→Windows→
CurrentVersion→Explorer→Advanced

 「Advanced」を右クリックして「新規」-「DWORD値」を選び、「EnableBalloonTips」という値を作成する。これをダブルクリックして「DWORD値の編集」ダイアログを開き、「値のデータ」に「0」が入力されていることを確認。「OK」ボタンをクリックすれば終了だ。

 Windowsを再起動すれば、タスクトレイにはいっさいのバルーンヒントが表示されなくなる。


Windows Updateなどを知らせるバルーンヒントが邪魔に感じることも…

レジストリエディタを起動して、「Advanced」キーまで移動。「Advanced」を右クリックして「新規」-「DWORD値」を選び、「EnableBalloonTips」という値を作成する

「DWORD値の編集」ダイアログの「値のデータ」に「0」が入力されていることを確認して「OK」ボタンをクリックする