『XPに「Administrator」でログオンする』で紹介したように、「Administrator」アカウントは、通常Windows XPの「ようこそ画面」には表示されない。例外的に、管理権限を持つユーザーがAdministrator以外に存在しない場合や、セーフモードでシステムを起動したときには表示されるが、Windows 2000に慣れたユーザーは、通常の「ようこそ画面」にも表示したい人もいるだろう。Professional Editionなら、レジストリを操作すればそれが可能になる。

 スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」を選んで「regedit」と入力、レジストリエディタを起動する。

 続いて、次の順でキーをたどる。

HKEY_LOCAL_MACHINE→SOFTWARE→Microsoft→Windows NT→CurrentVersion→Winlogon→SpecialAccounts→UserList

 「UserList」を右クリックして「新規」-「DWORD値」を選ぶ。「Administrator」という値を入力し、これをダブルクリックして「値のデータ」に「1」と入力して「OK」をクリック。これで、Windows XPの「ようこそ画面」に「Administrator」が表示される。

 なお、Windows XP Home Editionの場合、上記方法では表示できない。『XPに「Administrator」でログオンする』で紹介したように、Home EditionでAdministratorアカウントを表示できるのは、セーフモードで起動したときに限られる。


レジストリエディタを起動して、HKEY_LOCAL_MACHINE→SOFTWARE→Microsoft→Windows NT→CurrentVersion→Winlogon→SpecialAccounts→UserListとキーをたどり、「UserList」を右クリックして「新規」-「DWORD値」を選ぶ

。「Administrator」という値を入力、これをダブルクリックして「値のデータ」に「1」と入力

このとおり「ようこそ画面」に「Administrator」アカウントが表示される