「コントロールパネル」や「コンピューター」をタスクバーに入れる

 Windows 8ではスタートメニューがスタート画面に変わって不便になったと感じた人も多いだろう。タスクバーに「デスクトップ」ボタンを追加しておくと、そこから「コントロールパネル」や「コンピューター」、「ごみ箱」、デスクトップにあるフォルダーなどをすぐ起動できるようになるので便利だ。Windows 7まではスタートメニューにあった機能の一部を別の方法で再現できる。

タスクバーを右クリックして、表示されるメニューで「プロパティ」を選び、「タスクバーのプロパティ」を表示する。そして「ツールバー」タブをクリックして開いたら、「デスクトップ」にチェックを入れて適用する。
[画像のクリックで拡大表示]
タスクバーにデスクトップボタンが追加された。「>>」の部分をクリックするとメニューが表示され、そこから「コントロールパネル」や「コンピューター」などを起動できる
[画像のクリックで拡大表示]

ファイルの拡張子を表示する

 Windowsをバージョンアップするといつものことながら、初期状態では「txt」「jpg」などファイルの種類を示す拡張子は表示されない。これを表示させるには、フォルダーオプションで「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外して適用すればよい。

エクスプローラーで「表示」タブをクリックしたら、リボンの右端ある「オプション」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
「フォルダーオプション」が表示されたら「表示」タブをクリックして開く。詳細設定の中にある、「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外して適用する
[画像のクリックで拡大表示]
ファイルの拡張子が表示されるようになった
[画像のクリックで拡大表示]

履歴を残さずにブラウザーを使う

 Webブラウザーを使うと、どのWebサイトを閲覧したかの履歴が残る。家庭、会社などで共用しているパソコンでこうした履歴が残っていると、自分がどんなWebサイトを見ていたかバレてしまう。これを防ぐのがInternet Explorer 10の「InPrivateブラウズ」機能だ。この機能はデスクトップアプリのIE10でも、Windowsストアアプリ版のIE10でも利用できる。

デスクトップアプリのIE10の場合、新しいタブを開いたらウィンドウ下にある「InPrivateブラウズ」をクリックするか、「ツール」ボタン→「セーフティ」→「InPrivateブラウズ」の順にクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
InPrivate機能が有効になった状態でIE10の新規ウィンドウが開く。履歴やキャッシュデータなどは保存されないので、どんなWebサイトを閲覧したのか他の人に後から知られずにすむ
[画像のクリックで拡大表示]
Windowsストアアプリ版IE10の場合、まず右クリックするか、ウィンドウ上端から下へスワイプして、アプリコマンドを表示させる。そして右上にある「タブツール」をクリックし、メニューが表示されたら「新しいInPrivateブラウズ」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
InPrivate機能が有効になった状態でIE10の新規ウィンドウが開く
[画像のクリックで拡大表示]