Windowsを、インストールした時の画面そのままで使うという方はそう多くないだろう。程度の違いはあれ、それぞれの好みに味付けをしているはずだ。今回のレッスンでは、そうした自分の好みにカスタマイズするためのノウハウを中心に、便利な操作の知識を交えてお送りする。

 Windows 8の場合もデスクトップのデザインはWindows 7と同様に、デスクトップの空いている場所を右クリックして表示される「個人設定」でカスタマイズできる。操作はWindows 7とほぼ同じなのでとまどうことは少ないだろう。ただし、Windows 8では「エアロ」の透明効果がなくなったので、それに関する設定はない。

デスクトップの空いている場所で右クリックし、表示されるメニューから「個人設定」を選んでクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
すると、「個人設定」ダイアログが表示され、ここで壁紙(ウィンドウの背景)やスクリーンセーバー、ウィンドウの枠の色(色)などを設定できる
[画像のクリックで拡大表示]

 Windows 8のデスクトップには、「コンピューター」や「ごみ箱」といったなじみのあるアイコンたちが並んでいないのに気づくだろう。使いづらいと感じる方は、常に表示されるように設定しておこう。「個人設定」ダイアログの左上にある「デスクトップアイコンの変更」をクリックすると、「デスクトップアイコンの設定」画面が表示される。ここで「コンピューター」や「ごみ箱」「ネットワーク」などをデスクトップに表示するかどうかを設定できる。

「デスクトップアイコンの設定」で、「コンピューター」など表示したいデスクトップアイコンにチェックマークを入れれば画面に表示される
[画像のクリックで拡大表示]

タスクバーの右端クリックでデスクトップを表示

 いろんな作業をしていると、たくさんのウィンドウが開いて、画面がいっぱいになってしまうことはよくある。Windows 8の場合も、Windows 7と同様に、画面右下、つまりタスクバーの右端をクリックすると、すべてのウィンドウを最小化できる。Windows 7のタスクバーでは、思い切り小さくしたデスクトップの画像が表示されていたけれど、Windows 8では何も表示されていない。でも、同じ場所をクリックすればOKだ。

タスクバーの右端にマウスカーソルを持ってくると、当然ながらチャームが表示される。そのまま無視してクリックすると、開いているウィンドウがすべて最小化されてデスクトップがあらわれる。ここを、もう一度クリックすればウィンドウの表示は元に戻る
[画像のクリックで拡大表示]

ウィンドウのスナップ機能で画面を分割する

 「スナップ機能」はWindows 7から登場した。ウィンドウをデスクトップの1/2の大きさにして左右均等に分割してくれる。ウィンドウの高さを、デスクトップの上下幅いっぱいに自動的に調節する機能もWindows 8ではそのままある。両方とも、Windows XPからいきなり8に乗り換えた人は慣れておく必要がある機能たち。これらの機能が邪魔な場合は、機能をオフにすることもできる。

ウィンドウのタイトルバー部分を、画面の左右どちらかの端にぶつけるようにドラッグ&ドロップすると、デスクトップのちょうど1/2サイズに自動的に調整される。この例では左側にドラッグしたので、左半分の大きさに調整された
[画像のクリックで拡大表示]
ウィンドウの上下どちらかの枠線にカーソルを合わせて、カーソルが両矢印の形になったら、そのまま画面の上下の端にぶつけるようにドラッグ&ドロップする。するとウィンドウの高さがデスクトップの上下幅いっぱいに自動調整される
[画像のクリックで拡大表示]

使いやすくなったファイルコピー

 Windows 8では、ファイルコピーが使いやすくなっている。ファイルコピーの進捗状況はひとつのダイアログにまとめて表示され、これまでのようにコピー中の項目の数だけたくさんのダイアログが表示されたりはしない。また、コピーの一時中断・再開もできるようになった。

ファイルコピーを次々に行っても、進捗状況はひとつのダイアログにまとめて表示される
[画像のクリックで拡大表示]
Windows 8では、コピーの状況を示すグラフの上にあるボタンをクリックすることで、一時停止や再開がコントロールできるようになった
[画像のクリックで拡大表示]

タスクマネージャーが見やすくなった

 Windowの状態が確認できる「タスクマネージャー」もWindows 8で大きく変わった部分だ。プロセスやパフォーマンスの確認、スタートアップの有効・無効の設定、タスクの終了などの操作ができる。Shiftキー+Ctrlキー+Escキーを押すと起動できる。

タスクマネージャーは簡易表示では、そっけないほどシンプルになった。この状態でもそれぞれのタスクを終了できる
[画像のクリックで拡大表示]
「詳細」をクリックすると、詳細表示に切り替わる。パソコンの状態確認などはこのモードで行う
[画像のクリックで拡大表示]

さて、ここまでの4回のレッスンで、基本的な使い方についての知識には触れていただいた。最後になる次回では、Windows 8を快適に使いこなすためのティップスをご紹介しよう。

(IT・家電ジャーナリスト 湯浅英夫)