Windows 8では、デスクトップ画面で表示されるエクスプローラーも変化している。基本的な操作はWindows 7に近いのだけれど、この場合の攻略ポイントは3つ。「リボンユーザーインターフェース(リボンUI)」、「クイックアクセスツールバー」、「上へ」ボタンの使い方をまず知れば恐れることはない。

リボンUIとは?

 リボンUIはマイクロソフトOffice2007から導入され始めたもので、メニューバーの項目をクリックすると、その項目に対応した「リボン」と呼ばれるツールバーが表示されるインタフェースだ。リボンは隠すことも、表示し続けることもできる。

 画像ファイルなど特定のファイル形式を選択すると、それに応じたリボンが表示される。Windows 7までのエクスプローラーから大きく変わっている部分なので、まずこのリボンUIを色々試して慣れておこう。

Windows 8のエクスプローラー。「ホーム」「共有」「表示」などのタブをクリックすると、それに応じたリボンが表示される
[画像のクリックで拡大表示]
例えば、「表示」タブをクリックするとこのリボンがあらわれる。大アイコンや詳細などファイルの表示形式を変えるには、「表示」タブをクリックし、表示リボンの「レイアウト」部分にある表示形式をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
リボンが開いたり閉じたりするのが煩わしいと感じる人は、ウィンドウ右上にある「リボンの展開・リボンの最小化」ボタンをクリック。これで、リボンを開いたままで固定できる
[画像のクリックで拡大表示]
特定の形式のファイルを選択すると、そのファイル形式に応じた操作だけを収めたリボンが表示される。たとえば画像ファイルを選択すると「ピクチャツール」タブが表示される
[画像のクリックで拡大表示]

上へボタンとクイックアクセスツールバーを活用する

 Windows 8のエクスプローラーでは、ひとつ上のディレクトリ階層に移動する上へボタンが復活している。また、タイトルバーには「新しいフォルダー」を作ったり「元に戻す」などの操作がすぐできるクイックアクセスツールバーがある。

アドレスバーの左にある「↑」マークが「上へ」ボタンだ。クリックするとひとつ上のディレクトリ階層に移動する
[画像のクリックで拡大表示]
ウィンドウのタイトルバーには「クイックアクセスツールバー」がある。ここに表示する項目はカスタマイズできる。この例では、「元に戻す」「プロパティの表示」「新しいフォルダの作成」という3つの機能を、クイックアクセスツールバーに持たせている
[画像のクリックで拡大表示]

エクスプローラーもカスタマイズして使おう

 エクスプローラーでは、Windows 7までと同様にプレビューウィンドウやナビゲーションウィンドウを表示できる。ただしプレビューウィンドウと詳細ウィンドウは同時には表示できない。「フォルダーオプション」は、「表示」タブにある「オプション」をクリックすると表示される。

プレビューウィンドウ、詳細ウィンドウ、ナビゲーションウィンドウの表示・非表示は、「表示」タブとクリックするとリボンが表示され、そこの「ペイン」で設定できる
[画像のクリックで拡大表示]

(IT・家電ジャーナリスト 湯浅英夫)