Windows 8パソコンを起動し、ログインしてまず表示されるのが「スタート」画面だ。ここに、インストールされているアプリの「タイル」(大きなアイコン)が並んでいる。見慣れない画面がいきなりあらわれるので戸惑ってしまうかもしれないが、これはWindows XPや7のスタートメニューが姿を変えたものだと考えればいい。画面左下のスタートボタンを押すと、ビュンと上に伸びて表示されていたアレである。

 残念ながら、起動後にこのスタート画面を飛ばしていきなりデスクトップ画面を表示することはできない。スタート画面がいちいち表示されるのが面倒だと感じる人は、了するときにシャットダウンしないで、スリープを選べばいい。デスクトップ画面でスリープすれば、電源ボタンを押すことで、すぐにデスクトップ画面が表示されるからだ。

「チャーム」を呼び出して、シャットダウンや再起動をする

 Windows 8を操作していてまず戸惑うのが、シャットダウンや再起動する方法がわからないことだ。これは、マウスカーソルを右上または右下に持ってくると画面右側に表示される「チャーム」で行う。これまでのWindows的に言えば、ポップアップしてくるサイドバーといったところ。チャームはWindows 8を使う上で重要な機能なので、まず呼び出し方をマスターしよう。

チャームを呼び出すには、マウスカーソルをデスクトップ画面の右上か右下の隅に持っていく(分かりやすいように大きな赤いカーソルで表示した)。すると、画面の右端にチャームが背景が透明な状態で白く表示される
[画像のクリックで拡大表示]
そのままマウスカーソルを画面の右端に沿って上から下へ(右下から操作する場合は下から上へ)動かすと、チャームの背景が黒くなる。この状態で使いたいチャームをクリックする。シャットダウンや再起動をしたい場合は、「設定」チャームをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

 タッチパネルを搭載したパソコンなら、画面の右端から中央へ指でスワイプするとチャームが表示される。このとき、画面の少し外側、液晶ディスプレイの額縁部分からスワイプするとスムーズに呼び出せる。

 Windows 8はショートカットキーを使うと作業効率がぐっと上がるので、なるべくこれも活用したい。

 ショートカットキーでチャームを表示するには、Windowsキー+Cキーを押す。チャームはスタート画面でもデスクトップ画面でも、どの画面からでも表示できる。なお、デスクトップがアクティブな状態でAltキー+F4キーを押すと、Windowsで以前からある終了ダイアログを呼び出せる。ここからシャットダウンや再起動などの操作ができる。

「設定」チャームをクリックすると、設定画面が表示される。ここで「電源」をクリックする。「設定」チャームは「Windowsキー+Iキー」で直接呼び出すこともできる
[画像のクリックで拡大表示]
すると、メニューが表示されるので、そこで「シャットダウン」、「スリープ」「再起動」の中から選んでクリック。スリープを選んでおけば、次に電源ボタンを押した時にデスクトップがいきなり開く
[画像のクリックで拡大表示]