一昨年末発売した、コントローラーは不要、身ぶり手振りのみでゲームが楽しめるシステム「Kinect」効果で、昨年Xbox 360は発売6年目にして、ワールドワイドで年間最高販売台数1490万台を売り上げた。その勢いをいかに次の一手につなげるか。一方、ソーシャルゲームの爆発的ヒットにより、新たにぼっ興する国内ゲーム市場にどう立ち向かうか。国内Xbox 360事業を統括する、日本マイクロソフト 執行役 インタラクティブ・エンターテイメント・ビジネス ゼネラルマネージャーの泉水敬氏に現況と今後の展望を聞いた。
                      (聞き手/伊藤哲郎、写真/加藤 康)

――最初に、昨年は日本マイクロソフトにとって、どんな1年でしたか?

日本マイクロソフト 執行役 インタラクティブ・エンターテイメント・ビジネス ゼネラルマネージャー 泉水敬氏

泉水敬氏(以下、泉水氏):2011年はXbox 360にとって大きな飛躍の年となりました。なぜなら、2005年の発売以来最大となる台数をワールドワイドで販売し、累計販売台数が約6600万台に達したからです。

――一昔前は「家庭用ゲーム機の寿命は5年」といわれていました。発売から6年目にして年間最大販売台数を記録した理由は、やはり身ぶり手振りだけでゲームが楽しめる「Kinect」によるものでしょうか?

泉水氏:北米・カリフォルニアのディズニーランド・パークの楽しさを凝縮した『Kinect:ディズニーランド・アドベンチャーズ』をはじめ、「Kinect」対応タイトルが、幅広いユーザーさんからの支持を集めたのは、大きな原動力の一つです。

 しかし、飛躍の理由はそれだけではありません。2011年末にはXbox 360の本体ソフトウェアアップデートを実施し、ユーザーインターフェイスを「Metro (メトロ) UI」に一新しました。「Metro (メトロ) UI」は「Windows Phone」や次期Windows OS「Windows 8」で採用されるものです。今まで以上に自分仕様にカスタマイズが可能で、「自分の必要とする情報がすぐに把握できるようになった」と評価していただいています。こうした新鮮な体験を継続してご提供できたことが評価につながり、トータルでの結果になったと思っています。

Xbox 360は昨年12月6日本体ソフトウェアアップデートを実施し、「Metro (メトロ) UI」を採用。「Kinect」を用いることにより直感的な操作で、各種エンタテインメントを楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]