ソニーの携帯音楽プレーヤー「ウォークマンシリーズ」が人気を吹き返している。カセットテープやMDの時代に名をはせた「ウォークマン」ブランドだが、アップル「iPodシリーズ」の登場によって状況は一変。パナソニック「D-snapシリーズ」や東芝「GIGABEATシリーズ」などHDD内蔵・メモリー内蔵プレーヤーが市場投入されるものの、国内大手メーカーで残ったのはソニーのみとなった。

 BCNの調べによると、国内では一時iPodシリーズのシェアが2008年10月に60%を超えた。だが2010年8月にはウォークマンシリーズが月間シェア47.8%とiPodシリーズ(シェア44%)を逆転。新製品登場前の端境期とはいえ、ウォークマンシリーズが月間の販売台数でトップに立ったのは集計を開始した2001年11月以降、初めての快挙だという。

 一時期は20%近くにまでシェアを落としたウォークマンシリーズが復活を遂げた理由は何なのか。そこには「音質」を追求した製品作りと、ターゲットユーザーを絞り込んだ機能開発にあった。

写真で見る新「ウォークマンシリーズ」

>>記事を読む

●有機ELディスプレイに高音質技術を備える
ハイエンドモデル「Aシリーズ」

>>記事を読む

●小型ながらノイキャン搭載
8色のカラバリ&スピーカーモデルもそろえる「Sシリーズ」

>>記事を読む

●超小型のエントリー機ながら「歌詞ピタ」対応の「Eシリーズ」

>>記事を読む

●ディスプレイ非搭載 防水タイプでスポーツに最適の「Wシリーズ」

>>記事を読む

「音質のウォークマン」「アクセサリーが楽しめるiPod」
──ビックカメラ有楽町店担当者に聞く

>>記事を読む

中高生に照準を合わせて製品を開発
──ソニー製品企画・マーケティング担当者に躍進の理由を聞く

2年前から若年層をターゲティングにした戦略をスタート NEW!!

ユーザー調査から「カラオケ」や「スピーカー」のニーズが顕在化 NEW!!

ノイズキャンセリングなど高音質訴求がユーザーに浸透 NEW!!

語学学習を強化し、中高生から20代女性まで訴求 NEW!!

「ちょい聴きmora」サービスで楽曲との“出合い”を提供 NEW!!

>>記事を読む NEW!!