時計や時刻表、床のタイルなど、全てがたま駅長一色。これらは全て、水戸岡氏の考え方に賛同した一流の職人がオリジナルで製作したものだ

記事へ戻る(ページを閉じる)

今回はこれらの最新車両を手がけたデザイナーに、鉄道デザインの現在と未来について話を聞いた。初回に掲載するのは、ドーンデザイン研究所代表の水戸岡鋭治氏。