[珍味]

はりま十水堂「いかなごのくぎ煮(生姜入り)」(75g/735円)[兵庫]

白ご飯にピッタリ。佃煮専門店の看板商品

(画像クリックで拡大)

 兵庫県揖保郡太子町にある佃煮の専門店、はりま十水堂の看板商品が「いかなごのくぎ煮」だ。「いかなご」とは、春先に瀬戸内へ回遊してくるスズキ科の背の青い小魚のこと。春頃が旬で、3月中旬~4月中にしか捕れないという。その姿が古釘のように曲がった形をしていることが「くぎ煮」の由来である。新鮮なうちに炊き上げないと、折れたり潰れたりしてしまうため、独自の工夫をこらして保存・販売している。いかなごのくぎ煮には、山椒の実入り、シソ入り、ゆず入り、香辛料なし、神戸牛入りといろんな種類があるが、ここでは最もスタンダードな生姜入りを紹介。

店舗名

はりま十水堂

問い合わせ

TEL 079-276-4602/フリーダイヤル 0120-22-4602

[高級品]

三陸海鮮料理 中村家「三陸海宝漬」(650g/5600円)[岩手]

あわび、いくら、めかぶ、シシャモの卵…贅沢三昧な三陸の味

(画像クリックで拡大)

 三陸・釜石に生まれ育ち、その豊富な魚介類、食材を知り尽くした兄弟料理人が三陸料理を供す海鮮料理屋、中村家。ここでお取り寄せできるのが、三陸海宝漬だ。

 釜石沖の定置網で漁獲された銀毛鮭から取れる、コクのある最上級の、とれたてのいくら。デトックス効果も注目される三陸の豊穰な海で育っためかぶ。これらの食材とやわらかく煮上げたあわび、口の中ではじけるシシャモの卵を、秘伝の調味駅に漬け込み、絶妙な配合で作り上げた。海を感じる旨味もさることながら、歯ごたえがまたたまらない。ほかほかのご飯に載せると、磯の香りもふわっと漂ってくる。なお注文完了から商品お届けまで5日~7日程度かかる。

店舗名

三陸海鮮料理 中村家

問い合わせ

TEL 0193-22-0629(10:00~20:30)